SSブログ

ヴィクトリア滝の源流ザンベジ川のサンセット・クルーズ(2) [南アフリカの旅]

2010年10月11日 6月の南アフリカ大会から4ヶ月も経ってしまったが、Lalaの南アフリカの旅行記についてはまだ途中。 

9日には天皇杯3回戦で中村俊輔選手が直接FK決めたといニュースが出ていたが、FKが決まりだしたら好調の印。

12日にはキリン・チャレンジ・カップ2010日本代表対韓国代表。 対アルゼンチン代表戦とはまったく異なる意味で注目される試合。

ザッケローニ監督の采配について注目されているようだが、Lalaは前日本代表監督の岡田さんとの違いを象徴するのは、やはりFW登録選手を大幅に増やしたところに見る。 確か岡田さんの場合、FWは2人ぐらいで、大量のMF登録。 

MF登録だった本田選手、松井選手、香川選手をFW登録にして、本職FW森本選手、岡崎選手、前田選手と競わせるし、明確なメッセージ、ゴールせよ! シュート打て!ということ。

MF登録はあきらかにFWとは違う役割、テクニックを持っている選手にのみ。 これで前線からのプレスは必須だが、選手の役割が明確に。 岡田さんの時代には、試したFWが点がとれないから、MFが点をとる・・・みたいな、選手の役割に混乱というか、中途半端になってしまい、さらに点がとれない・・・という悪循環に陥ってしまったということだろう。

さて、

南アフリカからジンバプエに行って、ヴィクトリア滝に流れ込むザンベジ川のサンセット・クルーズの続きです。

サンセット・クルーズは午後4時半頃から2時間程度。 大きな川幅のザンベジ川のほとりには色々な野生の動物がいるが、それを探し探し、夕陽の落ちるのを待つクルーズ。

美しい鹿を見た後には、小さなワニが一匹甲羅干し。 IMG_0319ザベンジ8.jpgIMG_0323ザベンジ9.jpg

ザンベジ川に日没が近づいた頃、遊覧船は川の途中にクリークのようになったところに入っていった。 川が流れているところとは違い、葦などが茂って、水の流れもほとんどないところ。 船が入った瞬間、なんともいえない匂いが漂ってきた。IMG_0327ザベンジ10.jpg 

このクリークは象の棲む場所だった。 船はどんどん進む。 突き当たりの少し手前で船は停止。 象が寝転んでお休み中。 IMG_0330ザベンジ11.jpg

象がいる所を確かめると、船は反転して本流にもどると、その茂み沿いに船はそろそろ進む。IMG_0341ザベンジ12.jpgIMG_0346ザベンジ13.jpgIMG_0353ザベンジ16.jpg 

いました象が。 遊覧船には慣れているのか、食事を続ける象。

そしてザンベジ川に大きな太陽が沈むところ。

IMG_0356ザベンジ17.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます